2011年06月10日

声優 川上とも子さん 急逝 ect

【AIR:観鈴】声優の川上とも子さんが急逝【ヒカルの碁】

ツイッターで知ったとき信じられませんでした。

Kuro_20

体調不良で療養中の中、DTB2期で復帰されていたので安心していたのですが

40歳じゃ若すぎるよ。癌って怖いですね。

Wincap732

個人的にAIRの観鈴やKanonの佐祐里さんのイメージが強い声優さんでした。

Wincap733

ゴールするには早過ぎるよコンチキショウ・・・

Wincap734

本当にお疲れさまでした。今までありがとう。

心よりご冥福をお祈りしております。

 

【未知なる敵と戦う】新作ガンダムは『機動戦士ガンダムAGE』 すげー子供向けアニメだ

00_2nd_2_265

刹那「貴様がガンダムであってなるものかぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

これは酷いwwwってかガンダムカッコ悪過ぎだろ

まさか後半で角と合体して最終形態とかってオチ?

キャラデザも一気に子供むけになったし・・・

Tane_7

パーツ換装とか完全にSEEDのパクリじゃねぇか!!

これで糞監督と嫁が調子に乗るな。

00も最初は腐ガンダムとか思ってましたが内容は結構良かったし、見限るには少し早いかも

 

Wincap723_2

目の錯覚ではありません。たぶん値段設定のミスだと思われます。

 

拍手コメント

もうそろそろガンダムの新作が欲しいです。>

言ってるそばから・・・

シグマ?そんなやつおったな5分以内にKOしたる>

TASさんの前じゃ雑魚扱いですよね

アレハンドロ「リボンズ貴様コーナー一族の悲願をよくも!」

リボンズ「そういう物言いだからあずにゃんをペロペロできないのさ」 >

代わりにペロペロ(^ω^)しときます。

リン・ヤオ「この国(日本)は、何かおかしい」>

確かにおかしいね

1人の青年がガンダムになるであろう
そして世界は石となって転がり落ちる>

予言?

現実世界だと解り合おうとするよりも価値観が違う人はお互いに干渉しないのが一番だと思う
オタク達の間でも好きなキャラを性的な目で見るかどうかの論争がずっと終わらないくらいだ>

それは同感。社内で嫌いな後輩がいて上司に別の場所に変えてくれ。って頼んだら「それじゃ接点完全になくなるぞ?」って言われましたが「全然おkです」って答えました。人間ぶつかりあって仲が良くなるとかそんなのは稀にしか存在しないし、ぶつかりあったらそれ以上お互い嫌な思いをしないためにも近寄らないのがベストだと思います。

ついにガンダム新作発表来たー。
UC系なのかアナザーなのかそれが問題だ。
管理人さんはどっち派?>

内容次第です。

ガンダムアゲが予想の斜め下だった… >

あれは酷い

なのはvs覚醒あずにゃん>

なのは勝つだろ

川上とも子さんが・・・もうあの声が聞けなくなるのはさびしいものがあります・・・今日はシュガーでも見ながら感傷にひたります・・・。 >

悲しい現実ですよね

シグマ「調子の乗るな小僧貴様の助けなど必要なかったわ!」

ゲイト「ぐわぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」 >

ゲイトって誰?

川上とも子さんマジかー。
ヒカルの碁とか好きだったなあ >

私は観鈴のイメージが強かったです。

posted by 綾人 at 08:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
川上とも子さんお亡くなりになられましたね…
41歳だそうですが早すぎる…
癌だったんですね知りませんでした。
ご冥福をお祈りします。

新作ガンダムかな〜り子供向けでしたね。
未知なる敵と戦うだと。
血迷ったんでしょうか見る気おきませんね。

ゲイトとはX6で登場した科学者です。
ニコ動で知りました。
Posted by 諸葛鳳雛 at 2011年06月12日 18:28
>川上とも子さん
空の境界の初代式さんだったなあ。
wiki見直したら一度は聞いたことある作品ばかり。
ご冥福をお祈りします。

>新作ガンダム
完全腐女子向けガンダムな気がしてならない。
そして戦う相手的におそらくやることはマクロス…
Posted by 七夜の里 at 2011年06月14日 01:34
諸葛鳳雛さん>
悲しいですよね。まだまだ活躍できるのに・・・

今度のガンダムは子供ウケ狙ってるようですが、どうなんでしょう?

七夜の里さん>
ドラマCDのキャストで映画もやってたら伝説だったかもしれません。

レベルファイブの社長はあまり評判良くないですからね・・・
Posted by 綾人 at 2011年06月22日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック