2010年09月12日

仮面ライダーW 最終話 「Eにさよなら/この街に正義の花束を」 感想

ついに最終回です。一年あっという間ででしたが最後の感想書きます。

Wincap10777

フィリップが消えて1年翔太郎は一人で探偵を続けていた。

Wincap10778

翔太郎「街の危機は終わる気配はねぇ。なあ、フィリップ・・・お前の力が欲しいよ」

Wincap10779

ここは冴子が上ってた岩場ですね。

Wincap10780

昌「僕、姉さんが居ないと何もできないんです」

翔太郎「ブッーーー!!!!!」

堂々と言うなよwwwこのゆとりシスコンが!!

Wincap10781

まさにDQNの卵だ・・・これは修正しなくちゃ駄目だな。

Wincap10782

ミュージアムを継ぐ?完全に厨二だな。こりゃ確かに危機は終わる気配が無いのも納得です。

Wincap10783

翔太郎「俺は仮面ライダージョーカー」

まさかのジョーカー登場!映画だけの出演だと思ったのに・・・これでS.H.フィギュアーツのジョーカーの価値が更に上がったな(私も欲しくなって再販予約しました。

Wincap10784

翔太郎「ライダーパンチ!!」

ちなみに翔太郎の役者さんはブラック(てつを)の影響を受けてライダーパンチ・キックはブラックを意識しているだとか

Wincap10785

圧倒的に見えますが、メモリ使ってる相手が素人だからです。ジョーカーの性能は電王プラットフォーム・G3と同等って話です。

Wincap10786

照井「この街は汚れてなどいない!!そう思うはお前の心が歪んでいるからだ!!」

名言ktkr そしてあれだけの重傷から復帰した照井は本当に凄いと思う。

Wincap10788

量子化した!?ダブルオーライザーかよwww

※若菜とのやりとりは1年前の話です。

Wincap10789

昌「ははっ、なんだ相棒が居なくなってメソメソしてるなんてかっこ悪。僕のこと偉そうに言えないじゃないか」

ちょっと、頭冷やそうか?

Wincap10790

シュラウドは森に住んでるでしょうか?しかも夏場にその格好って

Wincap10791

元々体が悪かったのか復讐を遂げて生きる意味を失ったのか?真相はわからないままでしたが。シュラウドが死ぬなんて・・・

Wincap10792

なんか最終回で最初に出てきた普通の奴に最後はやられる。って展開昔のドラマであったパターンですよね?

Wincap10793

まさか・・・これで終わりとか無いよね?

Wincap10794

風都タワーが再建されてない、これが1年前という証拠

Wincap10795

エクストリームメモリ!?ってかこれが原因で壊れたりしないよな・・・

Wincap10796

な ぜ こ こ に ! ?

Wincap10797

フィリップは絶対に若菜のパンツを見たんだろうな。ちくしょう!視聴者にも見せろ!!

Wincap10798

ここでまさかの園咲一家集合。

Wincap10799

このシーンにて「尻彦も家族だろ!?」「若菜に体を貰ったって事は男の娘だね」「翔太郎、これで僕は君の子供が産める」「ミックは?」とか感動クラッシャーが多過ぎだろwww

Wincap10800

翔太郎フィリップ「変身!!」

どこからダブルドライバーを出した!?

ロストドライバー「あれ?僕の出番はもう終わり?」

Wincap10802

3フォームで攻撃って完全にフルボッコwww

Wincap10803

翔太郎フィリップ「さあ、お前の罪を数えろ」

 

全体的な感想

放送当時はディケイドが人気絶頂&中途半端な終わり方をしていたために「ディケイドをやれ!」と言われ酷い言われようでしたが始まって見れば評価は徐々に変わり

12月の映画でディケイドが映画と本編は繋がりが無い事が判明すると、ダブル>>>>>>>>>>ディケイドという状態

おもちゃも見事に大ヒットしてクリスマスは入手困難になる、メモリもかなりの売り上げを伸ばし関連商品のS.H.フィギューツも発売と同時に売り切れ続出。

商業的にも大成功を収め、バンダイに嬉しい悲鳴を上げさせる作品となりました。

映画2本も本編との繋がりが強く見ていれば本編で「あっ!」っという所がチラホラ

ダブルは平成ライダーシリーズの第二期、第一弾として制作されましたが、一弾に相応しい素晴らしい作品だと思います。

成功の陰には、脚本が「三条 陸氏」だった事も大きいのでは?(ジャンプで連載していたダイの大冒険の原作者)

ストーリー面でも「仮面ライダー」という単語が非常に多く使われた事もあり仮面ライダー=ヒーローと印象が強く感じられました。

これは昔からの仮面ライダー=ヒーローという形を現代の子供たちに伝えるのが狙いだったのではないでしょうか?(一期の平成ライダーでのイメージを一掃するぐらいの考えで)

それを言うと仮面ライダーの特徴である「苦悩」が無いと言われそうですけどね。あえてそういうシリアスな部分は無くしたんだと思います。

あり得るとしたら、街が平和になる→仮面ライダーは危険な存在→仮面ライダーはいならい。

みたいな流れで、英雄になってもそれは一時的なものであり、人はいつか英雄の力が自分たちに向けられるのではないか?という考えに陥る。

ここまで来ると人間の醜さが出てしまうのでとても子供向けの番組じゃなくなりますからね。

私は555からライダーシリーズを試聴してきましたが、今までの平成ライダーのは無い色を見事に生みだしたと思います。

スタッフの皆さん、1年間本当にお疲れさまでした。

 

個人的な意見・気になった部分の個人的意見

ライダーって作品ごとに違った意味で面白いと改めて実感させられました。そういう意味で捉えると電王って女性人気で盛り上がった作品で仮面ライダーって呼んでいいのか分からなくなってきました。(種運命はガンダムじゃないってのと同じで

ヒロインが放送開始直後に2ちゃんのVIPPERだった件で降板もありえましたが乗りきりましたね。まあ、可愛いヒロインってイメージだったのとギャグキャラっぽいところが幸いしたんだと思われます。

ロストドライバーとダブルドライバーを作ったのは?たぶんシュラウドじゃないんですかね?

フィリップの救出する依頼を出したのもシュラウドですし、おやっさんは元からライダーだったかは不明ですが・・・

敵がダブルと同じようなドライバーを使用して変身しなかったのはなぜだろう?フィリップと照井が特殊体質だったのもありますが、探せば世界中に何人かはいるだろうし(一応専用ドライバーはありましたが)

ミュージアムの目的はガイアインパクトであり、仮面ライダーの抹殺では無かった。

これが一番の理由でしょうかね。ミュージアムにはマッドサイエンティストが居なかったですし、仮面ライダーの能力や力を詳しく調べようとはしませんでしたし。

唯一ダブルが勝てなかった相手としてクレイドール・エクストリームがいますが・・・ガチで戦っても勝てないんだろうか?

最後に気になるのはミュージアムの黒幕だった財団エックス。これはオーズにも登場する(すでに出てきている大企業のスポンサーの可能性)かと思われます。

冬の映画ではダブルとオーズと協力して財団エックスとの決着をつけてほしい所です。

posted by 綾人 at 02:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 仮面ライダーW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>翔太郎
ドラえもんが帰ってしまうからジャイアンに一人で勝つって話を思い出してしまいました。

>苦悩
最初から最後までハーフボイルドを貫き通したのをどう評価するかかもしれません。
斜線で消した所も話として見てみたかったです。

Posted by 七夜の里 at 2010年09月12日 22:24
>まさにDQNの卵だ・・・これは修正しなくちゃ駄目だな。

この糞餓鬼は「酷いよ姉さん!」と言った。
そして姉の近くにいたDQNが手に入れたメモリはオーシャン・・・。
俺の推理が正しければこの糞餓鬼は磯野カツオです!。
Posted by ホンタタタ at 2010年09月14日 01:21
七夜の里さん>
斜線部分の話になるのは街がガイアメモリを否定しないと始まりません。

ホンタタタさん>
だれうまwww
Posted by 綾人 at 2010年09月14日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック